6月
20
2011

笑うことを体操ととらえ、ヨガの呼吸法を組み合わせたエクササイズ

笑いヨガに挑戦/総本山善通寺大師市にぎわう(四国新聞より)

総本山善通寺(樫原禅澄法主)は11日、香川県善通寺市善通寺町の同寺で、恒例の「大師市」を開いた。12日まで。
同市は毎年、弘法大師の誕生日(15日)直前の土・日曜日に開かれる。同寺東院境内で植木市があったほか、西院の遍照閣では笑いヨガの講習が行われた。

笑いヨガは、笑うことを体操ととらえ、ヨガの呼吸法を組み合わせたエクササイズ。1995年にインドでスタートし、現在は世界約70カ国に広まっている。

講習には約60人が参加。岡山市のひろえまさみさんが講師を務めた。ひろえさんは、1分間の笑いが10分間のジョギングと同程度の有酸素運動であることを説明し、呼吸法や「笑い方」を伝授。「笑いは伝染し、笑いの回りに人を集める。人生を楽しむには笑うことが大切」と話した。

この日予定されていた五重塔から福餅などを投げる福投げは、降雨のため中止となり、12日に景品を持ち越した。同日はうどん法要や、真言宗僧侶の天野こうゆうさんらの講演もある。

74件のコメント »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL


Leave a Reply

Powered by WordPress | Aeros Theme | TheBuckmaker.com

Ads by Sitemix